☆日刀保鑑定付・うぶ在銘脇指33.3cm・銘「豊後住藤原則行」・拵入り★拡大画像☆ 即決オークション

登録証
都道府県 東京都
発行年度 s26 
種別 脇指
長さ 33.3センチ
反り 2.5
目釘穴 1
銘文 表:豊後国藤原即之
裏:
備考
現在価格 320000 円
入札総数 0
現在の権利者 -
残り時間 残り4日 (詳細な残り時間
終了予定時刻 2017-10-23 21:20:00.0
開始価格 320000 円
即決価格 320000 円
(この金額で落札できます)
落札下限価格 設定なし
このオークションは即決オークションのため、
開始価格での入札で即決となります。
上記の開始価格で落札する場合、
入札ボタンをクリックしてください。
入札にはログインが必要になります。
出品者からのお知らせ
画像毎の説明に心掛けておりますが、不明な点は事前に質問をお願いします。
ご覧の通りの日刀保の鑑定が付いた在銘の脇指です。
茎の綺麗な、しっかり彫られた銘は当然ですが、特に綺麗な地鉄と匂口が見事です。
違いの判る真面目な刀剣コレクターの眼に留まって頂きたい刀剣です。
拡大画像に説明がありますので、最後までご覧・確認・納得願います。
(トラブル回避の為欠点も明記してあります)

刀剣説明
東京都 登録 昭和26年
長さ1尺1寸0分 反り2分5厘 茎1ヶ 銘「豊後住藤原則行」
  元幅3.28cm 先幅2.50cm 元重ね0.62cm 先重ね0.55cm

表画像
k4―3269452―1.2 表裏の拵えの全姿 
   ―3 真正な登録証
3269507―1.2 重ねの拡大画像 研ぎ減りはありません
     切先の上部の4ヶの点は鞘当りです(薄錆ではありません)
   ―3 日刀保の真正な鑑定書です
3269505―1 「陶工辞典」の抜粋 江戸寛文頃の陶工
      地元のコレクターさんの眼に留まって頂きたいものです

画像説明/5
1+h6―3269469-1.2 バラシた全姿
    柄は逆に置いてあります
    親サメのおおきな目をご確認下さい
    鍔は雁透しで京ものと思います
  直刃と地鉄の美しさをご確認下さい

xvpbvx


 





2-3269477-1 表の茎の拡大画像 銘はしっかり彫ってあります
      ヤスリは切り 刃上がりの栗尻形
      刃区も充分残っています
   ―2 綺麗な地鉄で無傷です
     杢目の混じる名刀の鍛えとなっています
   ―3 鋒は荒沸えの出来で覇気があります
      帽子は小丸に少し返っています

xvpbvx


 





3+3269485―1 裏の茎 いじってない綺麗な状態です
   ―2 詰んだ地鉄と直刃をご確認下さいネ
      勿論刃は冴えております
   ―3 光源の右に黒い地景が見えますので確認下さい
   ―4 鋒の拡大画像 匂口が見事ですが・・・
     帽子の返りは表と同じです

xvpbvx


 





4+3269487-1 匂口の黒い点はスレです 見事な匂口です
   ―2 刃中はふっくらと綺麗です
   ―3 画像上は冴えておりませんが実物は大変きれいです

xvpbvx


 





5+3269455-1 頭の拡大画像 七々子地に獅子の据え文です
   ―2 縁の拡大画像 七々子地に豪華なボタンの据え文です
     目貫は弓と酒の徳利でしょうか
     狩り好きな隠居さんの持ち物と推測できますが・・・
     合口はピッタリ合います
     茎穴は柄と少しずれています

xvpbvx


 





6+3269463-1 柄 立鼓して作成された上手(じょうて)もの
          加えて親ザメ利用です
     小柄 素銅地 深い彫りでの作成 口に割れが少しあり(拡大画像参考)
     小刀 「長門~」と切ってある本歌です

xvpbvx


 





7+3269468―1 馬に乗った怖い顔の人が橋を渡っている画題で深く彫られています
     口は少し割れています
    ―2 鯉口の塗りが剥げています 

xvpbvx


 





*以前落札者から細かな点のクレームがありました。当方は真面目な出品者(画像説明のしている出品者はおりません)ですので、不明な点は事前にご照会願います。
*又々苦情がありました。入札は自己責任でお願いします。