☆摺り上げ無銘の刀剣・日刀保鑑定書付・長さ65cm・白鞘と拵あり★拡大画像☆

登録証
都道府県 東京都
発行年度 s57 
種別
長さ 65.8センチ
反り 0.7
目釘穴 3
銘文 表:無銘
裏:
備考
現在価格 200000 円
入札総数 0
現在の権利者 -
残り時間 残り1日 (詳細な残り時間
終了予定時刻 2018-02-25 21:20:00.0
開始価格 200000 円
即決価格 -
(この金額で落札できます)
落札下限価格 設定なし
自動延長 設定あり
200000円 より大きな金額で入札を受け付けます
入札金額はカンマなしで入力してください
入札額
例:10000円
入札にはログインが必要になります。
出品者からのお知らせ
画像毎の説明に心掛けておりますが、不明な点は事前に質問をお願いします。
ご覧の通り反り少ない江戸寛文新刀と見える姿の刀剣ですが、見所は、互の目乱れと平均して付いている匂口です。
又、地鉄が見える初心者向きで、日刀保の鑑定書も付いた真面目な自慢できる刀剣です。
違いの判る真面目な刀剣コレクターの眼に留まって頂きたい刀剣です。
拡大画像に説明がありますので、最後までご覧・確認・納得願います。
(トラブル回避の為欠点も明記してあります)

刀剣説明
東京都登録 昭和57年
長さ65.8cm 反り0.7cm 茎穴3ヶ 
銘・摺り上げ無銘
元幅3.15cm 先幅2.20cm 元重ね1.05cm 先重ね0.68cm 重さ840gとどっしりと感じます

表画像
i21―1-9488―1 黒塗りの拵えと白鞘の全体画像
  ―2 表の刀身 反りが少ない江戸期の刀剣です
  ―3 裏の刀身 人気の互の目乱れの様が見事です
     腰に反りのあった刀剣を摺り上げこことが判ります
2-9517―1 正当な登録証
画像説明/3
H2―1・385-1 表の茎 綺麗に摺り上げられ、大切にされいじっておりません
       刃区残っています
  ―2 元の拡大画像 小沸え出来の小互の目乱
     地鉄は良く詰んだ名刀です(なぜ新々刀海部に鑑定したのでしょうか? 刃縁は流れておらず該     当しませんが・・・)
  ―3 地の左に見事な地景があります
     刃中の冴えもご確認下さい
  ―4 詰んだ地鉄・地景を確認下さい
    刃中の黒い点は作成時の鍛え跡です
    棟の白は帽子の返りの焼き跡です

xvpbvx


 





2―393―1 透かした画像 匂口の見事さが確認できる名刀です
  ―2 詰んだ地鉄と匂口の冴えを確認下さい
  ―3 大肌と匂口の均一を確認下さい

xvpbvx


 





3―390―1 裏の茎の拡大画像 いじっていない刀剣は大切にされたもので
      本件は時代から無銘で大切にされたものです
  ―2 地鉄と互の目乱が映えていますが・・・
  ―3 地刃共名刀とはこのような画像で如何でしょうか?

xvpbvx


 





4-396-1 刃中の黒は錆跡です 刃中の冴えに満足頂けませんが?
  ―2 刃の冴えをご確認下さい
  ―3 地刃共に綺麗な名刀画像です

xvpbvx


 





5-406-1 表の帽子 太い金線が見事に入り 掃きかけています
  ―2 裏の帽子 表同様ですが頭は深いです
  ―3 元の重ね 研ぎ減りなし
  ―4 先の重 時代の研ぎ減りで、「減ってはいません」
     棟の黒線は研ぎの化粧線です

xvpbvx


 





6-403-1 トラブル回避用の画像 裏に唯一の刃中の鍛え傷です
  ―2 表の地の鍛えの大肌 鎬地にも線状の鍛えあります
  ―3 刃中に鞘擦れあり 地に大肌あり
  ―4 杢目のハッキリした名刀の相も拡大です

xvpbvx


 





7-416―1 拵えの拡大画像
    鞘は剥がれ、割れ等あり
    鍔は素銅地 透しもの 縁頭小尻の一作金具です
    目貫は素銅の獅子でまあまあの出来です
    小尻は素銅地 梨子地紋で一作ものとなっています

xvpbvx


 





*以前落札者から細かな点のクレームがありました。当方は真面目な出品者(画像説明のしている出品者はおりません)ですので、不明な点は事前にご照会願います。
*又々苦情がありました。入札は自己責任でお願いします。
*送料の持ち込み割引(120円)しています。―メール便・1月から3月(野鳥の餌代の為)は除くー