このオークションは取り消されました。

第39回重要刀剣 備前國長船住長光作 永仁五年三月日 二尺四寸七分五厘 初代国宝級稀なる製作時そのままの産茎在銘永仁年紀作 鑑定書付き

登録証
都道府県 秋田県
発行年度 H5 
種別 たち
長さ 75.0cm
反り 2.4cm
目釘穴 3個
銘文 表:備前國長船住長光作
裏:永仁五年三月日
備考
現在価格 7201000 円
入札総数 114 (入札履歴)
現在の権利者 -
残り時間 - (詳細な残り時間
終了予定時刻 -
開始価格 10000 円
即決価格 -
(この金額で落札できます)
落札下限価格 設定なし
自動延長 設定あり
出品者からのお知らせ
重刀「中島来・了久信・直江志津」他合格。

H30年度 特別重要刀剣「千手院」合格

◎3月度保存・特保合格(7月結果通知)
「越前守助廣・波平・祐定・兼若
千手院・国広・金高・松葉行平・・・」他
  • オークションID:WA00070286
  • 出品者情報(fuji5005)
  • 取引方法(支払い方法)
    • 銀行振込確認後に商品発送
    • ゆうちょ銀行
    • 郵便振替確認後に商品発送
  • その他購入者が負担する手数料
    • 銀行振込確認後に商品発送の場合→振込手数料
    • 郵便振替確認後に商品発送の場合→払込料金
  • 送料
    • 落札者負担
  • 出品者情報
    販売事業者 fuji5005 藤井
    住所 787-0332
    高知県 土佐清水市汐見町    
    代表者名 22-10 ・
    通信販売業務責任者 藤井 幸美
    電話番号 0880-82-3023
    Eメールアドレス f-5000@cd.wakwak.com
スマートフォンで御覧になる際の画像は説明文の後に掲載されます。
※御刀詳細※
本作は重要刀剣指定品につき 以下に重要刀剣解説文を綴らせて頂きます。
※説明
長光は長船派の祖である忠光の子で、同派の二代目を継いでいる。
現存する在銘の作刀は、この時代の刀工としては最も多く、かつ出来が優れ、
その技量の高さが窺い知られる。
彼の作風には、父忠光を想わせる華やかな丁子乱れのものから、匂口の締まった直刃調の温雅なものまであり、
この間に同銘二代の存在を認める説も行われている。
この太刀は生ぶ茎で、腰反りの高い美しい姿を示し、地鉄は小板目肌がよくつみ精美で、
淡く映り立ち、刃文は細直刃調、僅かに沸づく。
地刃に長光の一作風を示した品格のある一口で、永仁五年紀も好資料である。

※所見
備前國長船鍛冶の最高峰は本作 長光であり、父の忠光でもなく
長光は備前長船の代名詞となっています。
活躍時代は鎌倉時代 文永から元応頃までの約六十年間と云われておりますが、
年紀作は正応二年から嘉元三年までの十六年間のみであり、本作の如き長銘は極めて稀少で、
現存年紀作は僅かに10口程度となっており、世の中に存在する長光の殆どが二字銘もしくは
無銘極メの重要刀剣となっています。
無銘長光極メは数多くありますが、刀の出来が優れれば長光にされたものが多い中、
確実に100% 長光初代の作と言えるものは年紀入り長銘在銘作以外に
万人の得心を受けられるものではなく、専門書にも正安を境に上るものを初代作とし、
正安以降のものを二代と古来但されており、本作はその永仁五年三月日の年紀も
極めて稀少な100%初代の作となっています。
然も製作時そのままの産茎に二尺四寸七分五厘の極美なる太刀姿は圧巻で、
長船鍛冶の最高峰に君臨する珠玉の名品となっています。
長光は国宝六口で、内訳は太刀 五口に薙刀一口、太刀は三口が磨上げで二口が産となっており、
大般若長光の異名は金六百貫であたことで宝物であった大般若経 六百巻とも価値の変わらぬものとして
名物となったことが正しい解釈で御座います。
本作は解説文の通り「この太刀は生ぶ茎で、腰反りの高い美しい姿を示し、地鉄は小板目肌がよくつみ精美で、
淡く映り立ち、刃文は細直刃調、僅かに沸づく。
地刃に長光の一作風を示した品格のある一口で、永仁五年紀も好資料である。」

称賛されし珠玉の宝物太刀となっています。
掲載資料の通り本作 備前國長船住長光作と作域が極めて酷似する嘉元元年紀の
二代長光の作が二尺一寸六分五厘の小太刀でありながら、早々と第二回(昭和48年)の
特別重要刀剣に指定されており、二尺四寸七分五厘を有する堂々たる腰反りの高い
美しい姿を示した本作太刀は、まさしく長光の気品溢れる求めて入手困難なる絶品であり、
国の指定品である国宝・重要文化財・重要美術品 六十四口の中に於いても
初代長光自身が精鍛された作の中でも入魂の逸品であり、製作時そのままの姿を
今日私達に魅せてくれる奇跡の唯一の宝物太刀であり、太閤秀吉の元で功績を挙げ、
徳川家康にも重んじられ、上杉家とも昵懇の間柄で、風説に耐え 先祖は源頼義より
中近世大名・家族として明確な系譜として現代まで残った中では最も大きな流れの一つとなっておる
佐竹家伝来宝物太刀であり、同家の「扇に月」紋の透し彫が施された金無垢二重ハバキが装着されるものとなっています。
本作太刀は720年の悠久の時を経た今日でも実に美しい潤いのある地肌に表裏味わい深き乱映りが立ち、
焼幅概ね四ミリ程の健全な中直刃に小互ノ目を交え小足が入り、焼刃健全なる真の大名御道具となっています。


寸法 重要刀剣解説書を御覧下さい。 刀身重量:約626g


※申し訳御座いません別途消費税(8%外税)と落札手数料2.5%と送料のご負担をお願い致します。
※私共出品の御品には全て刀袋が付属しています。刀剣所持者変更はがき同封致します※
※登録証は各都道府県で、鑑定書付きの場合は日刀保で出品前に照合確認済みです御安心下さい。
****************************************************************************
~御知らせ~
○こちらのコーナーでは
刀剣類の換金目的委託代理出品を御手伝いさせて頂いております。
≪信頼と実績≫の当方に どうぞ御気軽にご相談下さいませ。≪誠心誠意で賜わります≫
委託販売・研磨諸工作等について詳しくは御電話かこちらまで御連絡の程宜しく御願い致します。
新しいサービスと致しまして 刀装用小道具の落込み桐箱のご注文をお受けする事が出来るようになりました。
名品が名品として鑑賞される為には落込み桐箱が不可欠であり、ご所蔵品の保存に是非如何でしょうか。
良心的価格 (鍔、目貫、縁頭、小柄)各4千円、特製桑縁箱8千円となっています。
只今のところ 約一週間の納期にて代行させて頂きます。ご遠慮なく御問合わせください。
*****************************************************************************
!注意事項!
●評価御入札が少ない場合や即決完売となった時 已む無く取下げさせて頂く事がありますので、
ご理解の上御早目の御入札を頂きます様お願い致します。
●当方の(出品時の不備、破損等)責任となる場合は修繕や返品対応を致します。
●御刀表面上ヒケや、研磨時修繕可能な範囲は疵欠点では無く状態説明に記載が無い場合も御座います。
状態詳細他何か御座いましたら御入札前に御質問、御問い合わせを頂きます様御願い致します。
●御落札後の勝手な(入札ミス他)お申出は双方に迷惑となりますので御注意下さい。
●評価不要御希望の場合 必ずその都度 御取引ナビ・メールで御申出下さい。
●当方では優品名品美術品を多く扱いさせて頂いております。その他未鑑定現状品、居合・抜刀用、
研磨練習用、研究参考用等々 其々のニーズに対応出来る御品を同時に出品致しておりますので
お写真を良く御覧頂き、詳しい御方は御自身の御判断で、初心者様には当方所見状態説明を御参考に
して頂きまして 十分御検討の上、ご自身の御納得の責任ある御入札と御取引をお願い致します。

*********************************************************************************
※当方出品のオリジナル写真、説明文は無断転載.使用禁止となっています※
*********************************************************************************