☆銘「関善定兼宗」の脇指・長さ40cmうぶ茎(なかご)・うぶの美品・白鞘入り★拡大画像☆

登録証
都道府県 栃木県
発行年度 昭和47年 
種別 脇指
長さ 40.1センチ
反り 0.7
目釘穴 1
銘文 表:関善定兼宗
裏:
備考
現在価格 120000 円
入札総数 0
現在の権利者 -
残り時間 54分詳細な残り時間
終了予定時刻 2018-06-25 21:50:00.0
開始価格 120000 円
即決価格 120000 円
(この金額で落札できます)
落札下限価格 設定なし
自動延長 設定あり
120000円 より大きな金額で入札を受け付けます
入札金額はカンマなしで入力してください
入札額
例:10000円
入札にはログインが必要になります。
出品者からのお知らせ
画像毎の説明に心掛けておりますが、不明な点は事前に質問をお願いします。
ご覧の通りの綺麗に彫られた在銘脇指です。
この長さは、大小の小の長さで、時代名将の腰に差された名刀と推察できます。
室町後期の脇指ですが、刃の冴え・詰んだ地鉄が見所です。
拡大画像に説明がありますので、最後までご覧・確認・納得願います。
(トラブル回避の為欠点も明記してあります)

刀剣説明
栃木県登録 昭和47年
長さ40.1cm 反り0.7cm 茎穴1ヶ 銘・関善定兼宗
  元幅2.83cm 先幅2.00cm 元重ね0.66cm 先重ね0.45cm

表画像
h1―1-914―1.2 白鞘と刀身の拡大画像 ハバキは素銅の一重ハバキです
     白鞘の味と刃中の冴えが確認できます
 2-918―1.2 偽臭が全く見られない綺麗な彫り銘と
いじっていないうぶ茎(なかご)です
3-950―1 元先の重ねの拡大画像ですが 減りはなく大切にされた刀剣です
   ―2 登録証
画像説明/2
i0+479lca-1 白鞘と抜いた姿です
   ―2.3 刀剣表裏の全体の姿 この画像でも刃中の冴えが判る名刀です

xvpbvx


 





2+wck819-1 銘の拡大画像 丁寧に流れるように彫ってあり全く偽臭を感じない名振りです
   ―2 表の茎(なかご) 刃上りの栗尻となっています
   ―3 裏の茎(なかご) 赤錆でも判るようにうぶ品です

xvpbvx


 





3+r5qst―1 表の上からの画像 詰んだ地鉄と匂口の冴え鑑賞下さい
   ―2 美濃刀とは思えない詰んだ地鉄です
   ―3 薄くなっていますが乱れ込んで大丸で返り掟通りです

xvpbvx


 





4+vc16ae-1 裏の上からの画像 刃中の冴えは表と同様です
     地の白い点は表面上のもので肉眼では見えません
   ―2 中央の白い線は撮影上のもので傷ではありません
   ―3 刃の冴えを確認下さい
     刃先の黒い太い線は刃先の錆又は欠けを補修した時に出来たスレ
     で傷ではありません(研ぎできれいに取れます)

xvpbvx


 





5+iu2p7-1・2 同じ帽子を角度を変えての画像
     左の黒い点は極々々小の鍛え傷で肉眼では全く気になりません
     薄くなっていますが表同様の乱れ込んで大丸に返っています
3 薄錆をこすった跡が刃中に長くあります

xvpbvx


 





6+qei3-1 刃中の見事な銀線で約3cm程ある見所です
     鎬筋には美濃刀特有の白け映りがあります
   ―2 刃中に長い金線約1.6cmがあります
     白け映りも表同様にあります
   *表裏共荒沸えで地にこぼれるところもあり掟どうりです *

xvpbvx


 





7+1cwgi-1 鎬地の右下がりの白い線は唯一の鍛え傷で長さ約0.4cmです
   ―2 同じ箇所を角度を変えての画像
     物打ちの刃文の刃中の白は撮影上の外部の画像です

xvpbvx


 






*以前落札者から細かな点のクレームがありました。当方は真面目な出品者(画像説明のしている出品者はおりません)ですので、不明な点は事前にご照会願います。
*落札者は、落札・購入後、銃砲刀剣類所持等取締法に基づき、各都道府県の教育委員会に「所有者変更の届出」が必要となります。所定用紙を同封致しますので、必ず所届出願います。
*送料の持ち込み割引(120円)しています。―メール便・1月から3月(野鳥の餌代の為)は除くー