このオークションの商品は落札されました。

大名登録★時代拵えと白鞘★日刀保保存刀剣★在銘 越前下坂継永作★南蛮鉄使用★地肌は見事です。★二尺三寸四分

現在価格
入札総数 0 (入札履歴)
現在の権利者 -
残り時間 入札終了 (詳細な残り時間
終了予定時刻 10/02 22:32
開始価格 1,000 円
即決価格 -
(この金額で落札できます)
落札下限価格 設定なし
自動延長 設定あり






















日刀保と登録証は確認済みです。
拵えは全て一作物の菊図柄となっています。鞘は時代を経ていますが、これも傷気無く仕上がっています。
越前国下坂と名乗る刀工は、越前国下坂貞次、兼先、継平、継広、国博、継吉、継永、
継貞、継利、貞国、継光、継正、継政、信定、国清、定広等の諸工がいます。
今回はその中で在銘、継永と極められた一振りです。
江戸にて南蛮鉄を用い作刀されたようで、南蛮鉄は、和鋼より高価であったため、
大名の庇護を受け経済的に恵まれた刀工しか使用できず、康継とその一派に「以南蛮鉄」という銘がよく切られています。
是非家宝の一振りに加えて下さい。

【種 別】    刀     登録  兵庫県  昭和29年5月
【刃 長】  二尺三寸四分(約70.9cm)   【反  り】  二分五厘(0.7cm)
【元 幅】  31.5mm  【元 重】  7.0mm
【先 幅】  21.5mm  【先 重】  5.0mm
【銘 文】 (表)  以南蛮鉄於武州江以下切れ (裏) 越前下坂継永作
【ハバキ】 銀被せ化粧ハバキ

詳細画像は約54枚程載せていますので、画像一番下のNEXTボタンを押して下さい。


拵えと刀身の追加画像はこちらです!!←文字をクリックしてご覧下さい。


測定方法等による誤差は、ご容赦下さい。
【体 配】 身幅、重ね共に尋常となり、刀身には傷気も無く仕上がっています。
【地 肌】 板目肌良く詰み肌立つ。
【刃 紋】 中直刃紋に喰違い刃に二重刃紋に、金筋走り砂流し掛る。
【帽 子】 掃き掛け。
【中 茎】 摺り上げの切り。
【拵 え】 拵え 約  全長: 104.0cm、 柄長約: 24.5cm 白鞘 約  全長: 104.0cm、 柄長約: 24.0cm
重さ:鞘を払って約1100グラム(拵え)
刀身のみの重量約630グラムです。
分かる範囲で誠意を持ってお答えさせて頂きます。
お取引後のクレーム・返品・入札の取り消しは、
お受け出来ませんのでご了承下さい。

即決もありますのでお早めに私のページのメール欄よりご連絡下さい。


その際は品名を必ず明記して下さい。

即決もありますのでメール欄よりご連絡下さい。←ここをクリック


落札手数料をお願いします。
※委託品等の一部で、
希望価格に届かない場合はやも無く取下げさせて頂く事があります。
御理解頂きまして御早目の御入札を頂きます様宜しくお願い致します。

※終了の翌日午前中までには必ず御取引詳細と御挨拶のメールを
送信させて頂いておりますので必ず御確認下さいます様宜しく御願い致します。
※落札後、土日祝日を除き3日以内にお振込み出来る方のみご参加下さい。
※落札後、苦情や返品はお受けすることは出来ません。
但し致命的な欠点(刃切れ、ふくれ)がありましたらこの限りではありません。
※海外発送は致しません。

【商品説明追記】
フラッシュの加減で細かな傷のように見えていますが、
実際には全く目に留まるような傷はありません。