このオークションの商品は落札されました。

☆土佐の蔵より産出名刀☆濃州住藤原永貞 安政五年八月吉日☆二尺二寸七分七厘☆【委託出品承り中】

登録証
都道府県 岡山県
発行年度 H16 
種別
長さ 69.0cm
反り 0.9cm
目釘穴 1個
銘文 表:濃州住藤原永貞
裏:安政五年八月吉日
備考
現在価格
入札総数 0 (入札履歴)
現在の権利者 -
残り時間 入札終了 (詳細な残り時間
終了予定時刻 04/12 21:16
開始価格 10,000 円
即決価格 -
(この金額で落札できます)
落札下限価格 設定なし
自動延長 設定あり
出品者からのお知らせ
  特別重要刀剣合格「倫光」
伝兼光折紙付未鑑定品のご紹介
→保存特保同時合格「倫光」
→昨年重要合格→本年特重一回で合格です
  おめでとうございます。

ご依頼品は選別せず全て出品致しますので
是非初心名品を御落札下さい。


  • オークションID:WA00013546
  • 出品者情報(fuji5005)
  • 取引方法(支払い方法)
  • その他購入者が負担する手数料
  • 送料
    • 落札者負担
  • 出品者情報
    販売事業者 fuji5005 藤井
    住所 787-0332
    高知県 土佐清水市汐見町    
    代表者名 22-10 ・
    通信販売業務責任者 藤井 幸美
    電話番号 0880-82-3023
    Eメールアドレス f-5000@cd.wakwak.com
※御刀詳細※
詳しい説明文と御写真は後程掲載させて頂きます。


※申し訳御座いません落札手数料2.5%と送料のご負担をお願い致します(消費税請求無)
※私共出品の御品には全て刀袋が付属しています。刀剣所持者変更はがき同封致します※
※登録証は各都道府県で、鑑定書付きの場合は日刀保で出品前に照合確認済みです御安心下さい。
****************************************************************************
~御知らせ~
○こちらのコーナーでは
刀剣類の換金目的委託代理出品を御手伝いさせて頂いております。
≪信頼と実績≫の当方に どうぞ御気軽にご相談下さいませ。≪誠心誠意で賜わります≫
委託販売・研磨諸工作等について詳しくは御電話かこちらまで御連絡の程宜しく御願い致します。
*****************************************************************************
!注意事項!
●評価御入札が少ない場合や即決完売となった時 已む無く取下げさせて頂く事がありますので、
ご理解の上御早目の御入札を頂きます様お願い致します。
●当方の(出品時の不備、破損等)責任となる場合は修繕や返品対応を致します。
●御落札後の勝手な(入札ミス他)お申出は双方に迷惑となりますので御注意下さい。
●当方では優品名品美術品を多く扱いさせて頂いております。その他未鑑定現状品、居合・抜刀用、
研磨練習用、研究参考用等々 其々のニーズに対応出来る御品を同時に出品致しておりますので
お写真を良く御覧頂き、詳しい御方は御自身の御判断で、初心者様には当方所見状態説明を御参考に
して頂きまして 十分御検討の上、ご自身の御納得の責任ある御入札と御取引をお願い致します。

*********************************************************************************

【商品説明追記】

寸法 元幅:約3.12cm 元重:約7.5mm 先幅:約2.3cm 先重:約5.3mm







本作は新々刀期の名工である濃州住藤原永貞の相州伝出色名刀となっています。
小板目肌地鉄に沸の妙味溢れる湾互の目乱れが焼かれ、
刃中には殆ど絶えることなく 砂流し 金筋が現れる出色なる出来映えを見せており、
茎仕立は殊の外丁寧で、堂々たる銘振りも好もしく、
新々刀大鑑の資料には初期作の弘化四年紀の作刀が初期作として掲載され、
後に続く年号は万延元年の年号よりの現存品が見られるのみであり
嘉永 安政時代の作刀は現存品が資料に掲載乏しく発見されていない状況となっています。
本作は安政五年吉日八月日の資料を埋める優品であり
同書に所載された万延元年の金筋の連なる刃中の作域は本作と正しく共通性があり、
帽子の返りの深い様と丁寧な化粧鑢の角度も本作と合致する御品となっています。
金着時代ハバキのがたつきもなく、疵欠点はありませんが、
拭い替え仕上が施されますと更に見栄えの良い作域が明確になる作刀であると思われます。
この時代の「原」の文字の10画と11画のハネが 万延時代の刻銘は下から上に鏨が切られておりますが、
安永年紀の本作は「永」のハネと調和を保つほどに上から下に下げられておるのみが相違点であり、
永貞の刻銘は正しく揺るぎの無い刻銘であり、その他の文字に於いても共通性が看取される
掲載資料の発見されていない安政年間の真面目な相州伝傑出刀であると思われます。
これほど優れた出来映えでありますから、脂の乗りきった極上出来の作刀は磨上無銘仕立に改竄され、
現存品が現存在銘品が品薄となり、失われた結果ではないかと思われます。
本作もそのような改竄が成されたとすれば、相州上工の傑出品に見紛う作域である事が御分り頂けるものと思われます。