このオークションの商品は落札されました。

☆特選名短刀☆伝 貞宗☆池田家伝来備前調蒔絵合口時代拵入 上製正真極メ箱入 御大名物短刀☆

登録証
都道府県 三重県
発行年度 昭和廿六年 
種別 短刀
長さ 19.6センチ
反り
目釘穴 2個
銘文 表:無銘
裏:
備考
現在価格
入札総数 0 (入札履歴)
現在の権利者 -
残り時間 入札終了 (詳細な残り時間
終了予定時刻 08/06 21:08
開始価格 10,000 円
即決価格 -
(この金額で落札できます)
落札下限価格 設定なし
自動延長 設定あり
出品者からのお知らせ
  特別重要刀剣合格「倫光」
伝兼光折紙付未鑑定品のご紹介
→保存特保同時合格「倫光」
→昨年重要合格→本年特重一回で合格です
  おめでとうございます。

ご依頼品は選別せず全て出品致しますので
是非初心名品を御落札下さい。


  • オークションID:WA00018865
  • 出品者情報(fuji5005)
  • 取引方法(支払い方法)
  • その他購入者が負担する手数料
  • 送料
    • 落札者負担
  • 出品者情報
    販売事業者 fuji5005 藤井
    住所 787-0332
    高知県 土佐清水市汐見町    
    代表者名 22-10 ・
    通信販売業務責任者 藤井 幸美
    電話番号 0880-82-3023
    Eメールアドレス f-5000@cd.wakwak.com
☆御刀の詳細☆
詳しい説明文は後程掲載させて頂きます。
<委託販売御承中>

※申し訳御座いません落札手数料2.5%と送料のご負担をお願い致します(消費税請求無)
※私共出品の御品には全て刀袋が付属しています。刀剣所持者変更はがき同封致します※
※登録証は各都道府県で、鑑定書付きの場合は日刀保で出品前に照合確認済みです御安心下さい。
*****************************************************************************
~御知らせ~
○こちらのコーナーでは
刀剣類の換金目的委託代理出品を御手伝いさせて頂いております。
≪信頼と実績≫の当方に どうぞ御気軽にご相談下さいませ。≪誠心誠意で賜わります≫
委託販売・研磨諸工作等について詳しくは御電話かこちらまで御連絡の程宜しく御願い致します。
*****************************************************************************
!注意事項!
●評価御入札が少ない場合や即決完売となった時 已む無く取下げさせて頂く事がありますので、
 ご理解の上御早目の御入札を頂きます様お願い致します。
●当方の(出品時の不備、破損等)責任となる場合は修繕や返品対応を致します。
●御落札後の勝手な(入札ミス他)お申出は双方に迷惑となりますので御注意下さい。
●当方では優品名品美術品を多く扱いさせて頂いております。その他未鑑定現状品、居合・抜刀用、
 研磨練習用、研究参考用等 其々のニーズに対応出来る御品を同時に出品致しておりますので 
お写真を良く御覧頂き、詳しい御方は御自身の御判断で、初心者様には当方所見状態説明を御参考に
して頂きまして 十分御検討の上、ご自身の御納得の責任ある御入札と御取引をお願い致します。

*********************************************************************************
※当方出品時の オリジナル写真、説明文は無断転載、使用禁止となっています。※
*********************************************************************************



【商品説明追記】

寸法 元幅:約1.63cm 元重:約4.7mm







本作は備前池田家伝来の御大名御道具であり、鞘、柄前、共に
金梨地に鞘に本金高蒔絵にて、池田家定紋である備前蝶の家紋が施された芳しき伝世品であり、
相州貞宗の御品として伝えられています。
ハバキは大名物に相応しい金無垢ハバキが装着されており、
刀身は振袖茎で、無反り筍反りとなり、刀身の上半の棟が鋭く細められており、
短刀としての強度を増した鋼無垢鍛えの作として珍重であり、
その作域も 相州上工の作域芳しき飛焼が皆焼となる 覇気溢れる名品となっています。
このような類品を目にする事は無く、懐剣として侮れば、一差で致命傷を負わせることの出来る鋭さであり、
腹に差されば 背中に抜ける程の鋭利な造り込みの懐剣となっています。
茎は産で、摺鉢状の目釘孔の形態は古く、時代金梨地隆蒔絵備前蝶文合口拵は穏やかな気品に溢れ、
このような鋭利な御短刀が偲ばされていることは外見では想像できないものであり、
地刃の沸は強く、砂流し豊富に幾筋もの金筋が迸る出色名短刀となっています。
ハバキ元と切先部分に生じた若干の油分の変色は私共の負担にて整えて
落札者様には無疵完品の御品として御送付させて頂きます。
表裏の地の部分には素剣の彫刻痕が遺されたものとなっています。疵欠点はありません。
本作には日本刀保存審査会の正真鑑定書と、収蔵箱があり、
本作はその極上製収蔵箱に収められています。
箱裏には伝来書きが施されておりますが、記載事項にある「銀梨地」部分は「金梨地」が正しく、
一文字の誤記が見られますが、御品の価値を左右するものではありません。
尚、金梨地備前蝶文高蒔絵合口時代拵も無疵完品となっています。